いつも、今、ここ。

営業コンサルタント。約43000人と対面した元営業マン。「営業×人材育成」をテーマに活動中

話を聞いてもらえない

「一生懸命話してるんですけど、なかなか話聞いてもらえないんですよねぇ、、、」

 

 

お客様や、営業マン時代の後輩からよく言われた言葉です。

 

 

さて、なぜ一生懸命話しているのに相手に聞いてもらえないのでしょうか??

 

 

それは、

「自分の話したいこと=相手の聞きたいこと」

ではないからです。

 

 

誰でも、自分の興味がある話は聞いちゃいますよね?

 

 

逆に興味のない話を熱くされても、一生懸命さは伝わってきますが、イマイチこちらの気持ちは上がってこないものです。

 

 

とはいえ、「サービスに興味のあるお客さんが1人もいなかったからしょうがない!」となってしまうと、そのサービス・商品は潰れてしまいますよね。

 

 

どうすれば良いか。

 

 

まずは、前回記事にも書きましたが、「ひたすらヒアリング」です!

ポイントは「ひたすら聞く」ということ。

 

 

そしたら、相手の困っている事やこうなりたいといった部分が出てきます。

 

 

あとは、自分の商品・サービスの「どこか一部分を使って」それを解決できるかどうか。

 

 

に焦点を当てて考えます。

 

 

そうすると、

「自分の提案する話=相手の聞きたい話」

になります。

 

 

これだったら、話をちゃんと聞いてもらえます。

 

 

このやり方は、商材を問わず使えると思うので、今なかなか話を聞いてもらえないとお悩みの方は、お試しあれ(^^)