いつも、今ここ。

いつも、今ここ。感じたこと、気付いたこと、連々と。

当たり前

どうもこんにちは。

 

かずちゃんです。

 

人との出会いや、ご縁は大切。

 

仲間や繋がり、パートナーって大切。

 

「当たり前じゃん!」

 

そうです。

 

当たり前=当然

 

当然なものにありがたみって感じづらいなって思うんです。

 

お金で物を買う、汗をかいたらシャワーを浴びる。

 

それと同じで、

 

パートナーがいる、仲間がいるという事に慣れると、「いて当然」になる。

 

「失って気づいた」とよく聞きますが、

 

僕はできれば失いたくない。

 

親、きょうだい、パートナー、仲間、メンターなど、繋がっているもの0の人はきっといない。

 

必要以上にへりくだって感謝する必要はないと思うけど、

 

僕が行き着く1番自然で無理のない感謝は

 

「いてくれてありがとう」

 

なんだろうなぁ。

 

いつも、今、ここ。

連々と。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

大丈夫

どうも、こんばんは。

 

かずちゃんです。

 

 

ここ数日、

 

 

「得体の知れない不安」

 

 

を感じているボクです。

 

 

今のまま、やりたい事がうまくいかなかったら

 

 

とか、

 

 

今のオレだめじゃない?

 

 

とか、

 

 

チラチラ、僕の頭の中に顔を出します。

 

 

今までの僕なら、

 

 

どうしよう、どうしよう、と

 

只々、どうにもならない感情にやられてました。

 

 

でも、どうしたものか、

 

 

今は、

 

 

「きっと、大丈夫。」

 

 

そう思えてます。

 

 

何が大丈夫なのか?

 

 

わかりません笑

 

 

でも、

 

 

僕が大丈夫と思えば、大丈夫なんです。

 

 

きっと。

 

 

いつも、今、ここ。

連々と。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

美学

どうもこんばんは。

 

かずちゃんです。

 

 

〇〇の美学

 

 

ってよく聞く言葉ですよね。

 

 

僕もめちゃめちゃくちゃ好きな言葉でした。

 

 

僕の場合は、この美学が、時として、自分を締め付けるものになりました。

 

 

こうあるべき、こうであらねばならない、

 

 

誰からも決められてません。

 

 

決めたのは自分。

 

 

でも不思議なことに、しんどい時ほど、

 

 

この美学が顔を出す。

 

 

今あるここをそのまま受け入れたらいいのに。

 

 

いつも、今、ここ。

連々と。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

ないものねだり

どうも、こんばんは。

 

かずちゃんです。

 

今日は、久々に詩を書いたので、

それを載せようと思います。

 

あ、ネタがなかったんじゃないですよ笑

 

 

                  「ないものねだり」

 

頭脳明晰、文武両道、才色兼備、なりたかったものに僕はなれたの?

 

この僕の中に何かひとつでも

誇れるものはあるの?

 

僕が彼らを羨んだように、

それを僕はもっているの?

 

何の恐れもなかったあのときのように、

胸を張って輝いた目で語ることができるの?

 

身の程を知れ馬鹿者と誰かが言った。
それに耳を傾けられるような大人になった。

 

求められるものになることが正解だと自分に麻酔を打ちながら。

 

 

 

さて、何様になりたいんだい?

なんて肩書きがほしいんだい?
どんな風に見られたいんだい?

 

朝起きてホントを引き出しにしまって、
偽りの服を引っ張り出して身にまとって、

それで素敵って言われてよかったかい?

 

いつまでやるの?

ないものねだり。

 

どなたか教えてくださいな。

僕を僕たらしめるものは

なんでございましょうか?

 

答えは自分の中にある?

いやないよ、ないものねだりだもの。

 

 

 

正しくあれ、

カッコよくあれ、素晴らしくあれ。

 

なんだそれ、誰が決めたの?

なんのものさしで測ったの?

 

周りの優しい言葉を受け入れるのを

怖がってるのに。
 

 

僕のものさしはどこに行ったの?

筆箱の中にあったよ。

 

そしたらもう、何も怖くはないはずだよ。
身の程を知れといった僕はもういない。

 

 

 

さあ、聴いてごらんよ、

硬い鱗を落とした僕に、

さあ、怖がらなくて大丈夫だから。

 

 

 

さて、何者になりたいんだい?

どんな風に生きたいんだい?

 

想うがままに感じるがままに。

自分の着たい服を着てさ。

 

もう大丈夫。聞いてみなよ何があるのか。
全部あるよ。あるものねだり。

 

どなたに聞かずとも大丈夫。

僕を僕たらしめるものはここにあるから。
答えは自分の中にある?

 

その通り、あるものねだりだもの。

 

 

いつも、今、ここ。

連々と。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

久しぶりの

どうもこんばんは。

 

かずちゃんです。

 

今日は久しぶりに

 

 

歌詞を書いてました。

 

 

 

自分の中にあるものを、外に出す。

 

 

 

仕事では、業務としてやってたけれど、

 

 

 

それ以外ではあんまりやってこなかったなぁと。

 

 

 

そして、やり始めるとどんどん出てくる。

 

 

 

まるで今までずっと外に出たかったかのようでした。

 

 

 

いつも、今、ここ。

連々と。

 

最後まで読んで頂きますありがとうございました。

「楽しい」ということ。

どうもこんばんは。

 

かずちゃんです。

 

 

ふと、今日思った事。

 

 

嬉しい結果

 

納得のいく結果

 

評価される結果

 

を出すためには、

 

どこかで、肉体的なり精神的なり、

 

結果までの過程で、多少なり

 

「グッと堪える努力」または、「しんどい事」

 

をする必要がある。

 

けど、

 

 

「楽しい結果」

 

 

を出そうとすると、

 

 

「過程も楽しく」

 

 

なりそうだ!

 

 

いつも、今、ここ。

連々と。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

社会人って?

どうもこんにちは。

 

かずちゃんです。

 

 

昨日、参加している勉強会でのこと。

 

 

〇〇として、

今の自分がどれだけできているか?

 

 

という質問を自分にしてみて、

今何%出来ていて、捉え方によってそのパーセンテージを上げる。

 

 

というような、ワークがありました。

 

 

 

僕のテーマは、

 

 

 

「社会人として。」

 

 

 

自己評価は

 

 

10%

 

 

今仕事をお休みしている僕にとって、

 

 

 

 

「働いてない僕は、

社会人として成立しない。」

 

 

 

という、

 

 

 

捉え方

 

をしていたんですねぇ。

 

 

それで、講師の先生から、

 

 

「じゃあ、例えば、障害のある人は、社会人としてダメってことになる?」

 

と聞かれ、

 

「ダメじゃないです。」と、即答する僕。

 

びっくりですよね?笑

 

これまでの、

 

親の教え

 

学校の先生の教え

 

部活の監督の教え

 

上司の教え

 

 

知らず知らずのうちに、

 

自分の頭の中に、

 

虚構の当たり前

 

を刷り込んでいたんですね。

 

結果、自分をしんどくさせる。

 

けど、蓋を開けてみれば、

 

今ここで、自分を否定しているのは、

 

自分ただ1人だけ

 

だったんですよね。

 

 

 

勉強会が終わる頃には、

 

「社会人として」

 

という事に対して、いい意味で、

 

どうでもよくなりました。

 

 

 

 

もっと大切なものがあるやろと。

 

 

だから僕は、

 

 

大切なものを大切にします。

 

 

いつも、今、ここ。

連々と。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。